AV志向の正体って!?

AV志向の正体

 

DTI D2Passから

久々に

AV志向っていう

素人系の無修正ハメ撮り動画サイトが

新規オープンしましたぁ~!

 

とか言って、相も変わらず早々に、評価だ、評判だ、口コミだ、入会体験談だ・・・と、やらかしちゃってる貪欲なアダルト指南サイトさんたちをチラホラと見かけます。w

 

大々的ではなく、チラホラなのは、この手のサイトにあまり興味を示さないアダルト指南サイトさんも結構いる訳ですよ~。

 

なんかどこにでもありそうな素人系サイト・・・何より配信作品数がかなり少ない・・・オリジナルなのかどうかもよく分からない・・・なんかダメっぽい感じがする・・・ってなイメージから、取り上げたところでさほどのメリットはないだろうという損得勘定がはたらいている訳ですよね~。w

 

そのうち気が向いた時にでも、評価だ、評判だ、口コミだ、入会体験談だ・・・って、適当な記事をササっと上げときゃいいやってなもんですわ~。

 

とまぁ、そんな話はどうでもいい訳ですが、くだらない前置きはこの辺にして、そろりそろりと本題に入りましょう。w

 

AV志向基本データ(2015年11月20日オープン時)

ジャンル素人系(企画女優)ハメ撮り無修正動画サイト
料 金15日会員$20
30日会員$35
90日会員$95
180日会員$170
配信作品数43本2015年11月20日オープン時
新規更新数3~4本程度 / 週
配信ファイルFull HD(MP4)一括1920×1080px / 5000Kbps
DL制限3GB(90日会員以上 5GB)
ストリーミング無制限
モバイル専用サイト無し

 

15日会員とか設定されているところが何気に好感が持てる訳ですが、現実を見据えたサイト側の謙虚な姿勢の表れなんでしょう。w

 

AV志向サイト概要

AV志向とは?

AV志向とは?(公式サイトから転載)

 

当サイトでは、素人ならではの、はじらい・初々しさを捕らえるためハメ撮りにこだわってみました。

更には、AV女優のプライベートセックスをこっそりあなたにお届け!質の高いオリジナル作品をお楽しみいただけます。

高画質・無修正・中出しはもちろんのこと、カメラアングルに工夫して撮影していますので、鮮明な映像をたっぷりご堪能いただけます。

AV女優と所属マネージャーのプライベートセックスの真相はいかに!あってはいけない絡みだからこそ余計にそそられるこの快感!

今日面接にやってきた女の子でも、口説き落として初脱ぎからの即撮影!ハイレベルなカワイイ素人娘がマジイキする姿をバッチリ撮っちゃいました!

 

早々に、評価だ、評判だ、口コミだ、入会体験談だ・・・と、やらかしちゃってる貪欲なアダルト指南サイトさんたちは、どこもかこも上記のような公式サイト記載の文言を適当にアレンジしてまことしやかな評価(!?)記事をアップしている訳です。

 

そして、ほぼ必ずと言っていいほどお決まりの台詞をかましてくれるんです。w

 

「新規オープンしたばかりなので配信作品数は少ないけど、内容は意外に濃いし、料金も安いので、短期会員ならありでっせぇ~!」ってね。w

 

まぁ、とにかく、現実的にはなんにも分かっちゃいない訳ですよ。w

 

AV志向の正体とは!?(オープン時点)

あくまでもオープン間もない時点ということにしておきますが、今回のAV志向の配信作品は、ズバリ!Kabukicho Girls(2013年8月15日月額定額制サイト閉鎖)関連作品と国内流通メーカーの白カン(裏もの)です。

 

まぁ、ここまでは気が付くひとが多いと思うのですが、この先はなかなか気が付かないはずなんですよ~。

 

なぜ気が付かないのか!?

 

今でしょ!(ちょっとムリクリ持ってきた感ありw)

 

まぁ、はっきり言えば、内容がマイナー過ぎるからです。w

 

マイナー過ぎるので、ナニソレ感があるかもしれませんがw、AV志向の配信作品については、実は全て娘姦白書(2015年8月末月額定額制サイト閉鎖)で配信されていたものなんですよ!(娘姦白書ってなに!?っていう多くのひとはこちらの記事を参照w)

 

オープンしてから新規更新された作品についても、数日間確認した限りでは全て娘姦白書で配信されていたものです。

 

今後(未来)については、もちろんよく分かりませんが、このままの流れでいくのであれば、AV志向の中身はどんどん“ 娘姦白書 ”になっていく訳です。w

 

つまり、分かりやすく言えば、サイトデザインとサイト名称を替えて“ 娘姦白書 ”が新サイト(AV志向)として復活したということになる訳ですね。

 

ちなみに、ちょっと話が変わるんですが、Hey動画のPPV(単品販売)で、結構人気があるガチハメ極道(KIWAMI)というプロバイダがあるんですが、ここの配信作品も実は今回のAV志向の多くの配信作品とガッツリダブっています。

 

更に、同じくHey動画PPV(単品販売)のハメ撮りケンちゃんとかぐちょぐちょzupponいうプロバイダの配信作品も何気にサクッとダブっています。

 

ちなみに、ガチハメ極道(KIWAMI)とハメ撮りケンちゃんというプロバイダは、実は、Digital Media Station(DMS)Night24.comのPPV(単品販売)にも参画している訳ですが、そのDigital Media Station(DMS)Night24.comに参画しているアキバ素人倶楽部というプロバイダの「姫パラ」というシリーズ作品も、実は今回のAV志向の配信作品の多くとダブっています。

 

ちょっとややこしくなってきたので、この辺で簡単にまとめると、今回のAV志向は、このままいけば、どんどん“ 娘姦白書 ”になっていく訳ですが、その配信作品の多くはあっちゃこっちゃの業者がその配信権を持っているということになる訳です。

 

Kabukicho Girlsの関連があっちゃこっちゃに配信権利をばらまいたのかどうかは知りませんが、とにかくこの他にも色んなサイトで見かけることがあります。

 

インチキパクリサイトなんかも含めると、もう業界中に溢れ返っている印象すらある訳ですよ。

 

そんなこんなで、特にKabukicho Girlsの関連作品については、かつては確かになかなか魅力的だったとは思うんですが、今のこの状況を考えるとさすがにもう賞味期限切れ感が強い訳ですよね~。w

 

とはいえ、前述の通り、ガチハメ極道(KIWAMI)とかハメ撮りケンちゃんって、Hey動画では何気に結構な人気になっている訳ですよ。

 

ちなみに、Hey動画では、娘姦白書の多くの配信作品もまだPPV(単品販売)されている訳ですが、同じ作品がたくさんあるというのに、こちらはほとんど人気になっていない訳です。

 

この違いはいったい何なのか!?

 

今でしょ!(もういいでしょ!w)

 

イメージ&掘り起こし戦略とでもいうんでしょうかね~。

 

ガチハメ極道(KIWAMI)とかハメ撮りケンちゃんって、Hey動画では比較的新しいプロバイダなんですよ。

 

つまり、実際には内容が少々古くても、なんとなく新しいイメージがあって、相応に人目に触れる機会があれば掘り起こし需要があるということなんですわ~。

 

まぁ、はっきり言えば、今回のAV志向も、当然それ狙いということになるのは間違いない訳ですが、果たして少しくらいはうまくいくのでしょうか!?

 

“ 娘姦白書 ”改め“ AV志向 ”の運命や如何にぃ~~~!?w

 

 

一応、AV志向を確認してみる!>>>

 

カテゴリー別上位ランク無修正動画サイトリスト

優良無修正動画サイト入会体験実演動画シリーズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

運営者ご挨拶

運営者挨拶

運営者ご挨拶(大動塾について)

みなさん、おはようございます! 大人動画塾(略して大動塾)塾長のMちんです! AV業…

塾長Mちんへの問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお気軽に!

大動塾メインメニュー

割引クーポンコード発行情報

お得キャンペーン情報

ページ上部へ戻る