DIGITENTS(デジテンツ)って復活するんですか!?

DIGITENTS(デジテンツ)閉鎖!?

 

緊急メンテナンスということで

DIGITENTS(デジテンツ)アクセスできないんですが

いったいどうなっているのでしょうか!?

いつごろ復活するのでしょうか!?

教えて!そこのエロいひと!!!

 

ということで、なぜかそんなこんなのお問い合わせが非常に多い訳ですが、管理人はいわゆる“ そこのエロいひと ”ではないし、ましてや、DIGITENTS(デジテンツ)の運営関係者でもないので、その実情など分かる由もありません。

 

「管理人さんの見解をお聞きしたいのですが!?」と言われても、個人の見解など聞いたってあんまり意味がないんじゃねぇ~の!?とか思う訳ですが、「是非お聞きしたいんです~」というひとも多々いるので、やむなく記事にしようかと思った次第です。

 

まぁ、言っちゃなんですが、そんなお問い合わせをしてくるひとって、本音を言えばおそらく安心したいんだと思う訳ですよ。w

 

DIGITENTS(デジテンツ)に児ポをせっせとアップして稼いでいた違法出品者にしても、そんな違法コンテンツを楽しみにしていた購入者にしても、「ただのサーバートラブルのようだから大丈夫だと思いますよ!」って、ちょっと詳し気な第三者から聞きたいだけなんじゃないかと。w

 

でもねぇ~、あくまでも個人的な見解ということで申し上げると、今回は楽観できないのではないかと思っています。

 

楽観視しているひとたちって、きっとサーバーやデータベース関連のトラブルで手間取っているんだろうと考えているようですが、運営はそんなこと一言も言ってませんからね。

 

サーバーが攻撃された訳でもクラッシュした訳でもなく「緊急メンテナンス」って言ってるんです。

 

メンテナンスとは、「維持・整備・保守」という意味であり、分かりやすく言えば「調整作業」です。

 

いったいどんな調整作業をこんなに長々としているのか!?

 

今でしょ!(とりあえずお決まりなんでw)

 

ということで、そろりそろりと検証をしてみましょう。

デジテンツにアクセスできなくなってからの事実関係

4月28日昼過ぎ~

アクセスすると、訳の分からないDBベース関連のエラー画面が表示されるようになる。

4月30日早朝~

案内画面(メンテナンス画面)が表示されるようになる。

また、この時点で、これまでの米国のサーバーからロシアのサーバーにドメインを移転。(ネットワーク所有者も変更)

5月1日早朝~昼過ぎ迄

案内画面(メンテナンス画面)の「DIGITENTS」のロゴマークが、以下のような「そふといちば」なるロゴマークに変更される。(昼過ぎには「DIGITENTS」に戻る)

 

ソフト市場(ロゴマーク)

 

また、ほぼ同時期に、DIGITENTS(デジテンツ)の内部ディレクトリ(URLはあえて記載しません)上に、以下のようなページが表示されるようになる。(今現在も表示されます)

 

ソフト市場スマホ版

 

ちなみに、検索カテゴリには、これまでの大人気カテゴリー “ 若年素人 ” などがなくなっています。w

5月1日夕刻~数時間

ソフト市場なるサイトのURL(あえて記載しませんが米国のサーバーに格納)上に、DIGITENTS(デジテンツ)のメインページ(画像なしのhtml)が表示される。(数時間後には表示されなくなる)

 

 

 

ということで、4月28日の昼過ぎから5月1日いっぱいにかけて、いろいろとややこしい動き(メンテナンス!?w)をしている訳です。

 

そして、5月2日以降については、主だった動きもなく現在(5月6日)に至ります。

 

それにしても、いったい何でこんなややこしいことをして沈黙しているのか!?

 

今でしょ!(2発くらいは入れとこうということでw)

DIGITENTS(デジテンツ)の事実関係からみえるもの

あくまでも、これまでの事実関係だけを見るならば、DIGITENTS(デジテンツ)としての復活は考えづらいですね。

 

復活するとするならば、ソフト市場というサイトとして出直しというかたちになるでしょう。

 

もちろん名目上の運営も出直しとなる訳です。w

 

このパターンって、普通に考えると、運営の摘発が絡んだ時によくみられるパターンなんですよね。w

 

でも、今回はちょっと違うんですわ~。

 

いったい何が違うのか!?

 

今でしょ!(何気に3回目w)

 

関連姉妹サイトが軒並み健在だということです。

 

通常であれば、関連姉妹サイトも軒並みアクセスできなくなり、復活は別のサイト名(名目上の別運営者)で出直しというのが業界では定番になっています。

 

なのに、今回はそんな雰囲気が微塵もない・・・。

 

いったいどうなっているのか!?

 

今でしょ!(もういいっすかねw)

 

 

 

ということで、今回はちょっと疲れたのでこの辺迄にしておきます。w

 

この続きはまた後日アップします。( ⇒ 5月6日追記しました! ↓↓↓ )

DIGITENTS(デジテンツ)運営グループの動きについて

これまで運営が摘発されてしまったケースでは、少なくとも関連姉妹サイトについても何らかの影響が必ず出ています。

 

例えアクセスすることはできても、ほぼほぼ新規更新が滞るんですよ。

 

滞ったまま何のアナウンスもない空白の期間がしばらく続くのが定番です。

 

でも、今回はそれが基本的にはないんですよね~。

 

ややこしくなるので詳細は省略しますが、DIGITENTS(デジテンツ)の運営グループについては大きく分けて以下の3つのネットワークグループに分類することができます。

 

①AD8直系4サイト + のぞき本舗 中村屋 + 男道ミサイル ゲイボーイ

②動画の志士 + Coco Heaven + Premier Peep Selection

③DIGITENTS(デジテンツ)

 

もともと②と③は一緒のネットワークグループだったんですが、途中、DIGITENTS(デジテンツ)だけが単独で米国サーバーに抜け出たかたちになっています。(今回、更にロシアのサーバーに移転)

 

はっきり言えば、このネットワークグループの仕分けが功を奏しているのかもしれません。

 

今や最も目立つ存在になってしまったDIGITENTS(デジテンツ)だけを別枠にすることで、他の関連サイトへの波及(影響)をある程度は遅延させることができるはずなんです。

 

ちなみに、チラホラと表示されている「ソフト市場」なるサイトのURL(あえて記載しません)は、ちょうど1年前(2017年5月)に作られており、②のネットワークからDIGITENTS(デジテンツ)が抜け出た時期に重なるようです。

 

つまり、ちょうど1年位前からそろそろ外圧が強まり、相応のリスク管理をしていたということになります。

 

そして、今回、何らかの非常に強い圧力によって、いよいよ現状のDIGITENTS(デジテンツ)のまま運営を継続することが困難になったのではないかと考えられる訳です。

 

 

 

この続きはまた後日にします。( ⇒ 5月7日追記しました! ↓↓↓ )

管理人の見解まとめ(あくまでも個人的見解とご理解下さい)

まず、今回は、以下3つの重要ポイントを踏まえて個人的見解を述べようと思います。

 

  • 「ソフト市場」なるサイトの準備進行の気配
  • 関連姉妹サイトが全て通常運営(むしろ派手に運営w)
  • 4月28日(GW初日)にサクッとサービスを停止

 

本来、DIGITENTS(デジテンツ)からしてみれば、4月28日(GW初日)にサービスを停止することなど絶対にしたくなかったはずです。

 

GWという年間を通じても最大級のかき入れ時に閉店ガラガラなど余程のことがない限りあり得ない事態です。

 

このような状況を単純に捉えるならば、運営が摘発されたのでは!?ということになってしまう訳ですが、今回はちょっと違うような気がしています。

 

関連姉妹サイトが全て通常(以上のw)運転をしていることを考えると、少なくとも運営の中枢はとりあえず無事と考えるのが妥当です。

 

もちろん、警告や指導ということでもないでしょう。

 

はっきり言えば、警告や指導ならおそらくこれまで何度となく受けてきただろうし、なにより、警告や指導のレベルなら、あえて4月28日(GW初日)にサービスを完全に停止することなどちょっと考えづらい訳です。(せいぜい垢BAN祭りで済むはずです)

 

じゃぁ、何なのか!?

 

今でしょ!(自分自身面倒なのでこれでやめておきますw)

 

おそらく、“ 命令 ” レベルに近い圧力がかかったと考えるのが妥当です。(ちなみにこれは日本の権力からの圧力だけとは限りません)

 

言い方を変えると、DIGITENTS(デジテンツ)の運営が、断腸の思いで従わざるを得ないレベルの圧力がかかったということです。(その圧力に屈したということです)

 

例えば、「いついっか(4月28日)迄にサイトのサービスを(一旦)停止すること・・・そして、○○○○すること・・・」従わないともう後はないですよ!ってね。w

 

権力からしてみれば、児ポということでは有名になり過ぎてパンパンに膨れ上がってしまったDIGITENTS(デジテンツ)を、看過することなどできないレベルに達していた訳です。

 

CtoCサイトの場合、諸悪の根源はどう考えても違法コンテンツをアップロードする利用者です。

 

サイト運営者側も完全放置が立証されたり、利用者と結託している(つるんでいる)のが立証されれば摘発されてもおかしくないんでしょうが、意外にハードルが高いはずなんです。ましてや、(名目上でも)海外運営サイトですからねぇ~。

 

つまり、上記の○○○○は、“ 捜査協力 ”ということになります。(だからと言って運営サイドについて全くお咎めなしと言っている訳ではありません。そういうところまで推測してもあまり意味がなし、話が長くなるだけなので記載しないだけです。)

 

捜査に協力をして、ある程度ほとぼりがさめたころに、児ポを徹底的に排除した「ソフト市場」で出直します!ってことになるような気がしてなりません。

 

ちなみに、5月6日から関連姉妹サイトである「動画の志士」と「Coco Heaven」に、こんな感じ(↓)のサイドバナーがこれ見よがしに張られています。w

 

児ポ反対バナー

 

面倒なので詳細は省略しますが、動画の志士とCoco Heavenに張るには全くもって不自然な内容のバナーです。w

 

まぁ、簡単に申し上げれば、権力に対する体裁のいいアピールですよね。w「当サイトは、児ポの根絶に努力を惜しまず今後もみなさんに協力してまいります!」って、モウレツにアピールしている訳です。

 

カテゴリー別上位ランク無修正動画サイトリスト

優良無修正動画サイト入会体験実演動画シリーズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

運営者ご挨拶

運営者挨拶

運営者ご挨拶(大動塾について)

みなさん、おはようございます! 大人動画塾(略して大動塾)塾長のMちんです! AV業…

塾長Mちんへの問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお気軽に!

大動塾メインメニュー

割引クーポンコード発行情報

お得キャンペーン情報

ページ上部へ戻る