Pikkur (ぴっかー)って閉鎖しちゃたの!?

Pikkur (ぴっかー)閉鎖理由

 

Pikkur(ぴっかー)がとうとう逝ってしまったようです・・・
真っ当な運営をしていたサイトだっただけに
ちょっと残念ですよね~。
でも、いったいなぜ逝ってしまったのか!?
今でしょ!(ここで出るのは当サイト史上最速!w)

 

Pikkur (ぴっかー)突然の閉鎖!?

「Pikkur (ぴっかー)が、2016年11月1日以降突然表示されなくなり、何の音沙汰もなく相当期間が経過するので、実質上の閉鎖と考えておいた方がいいでしょう」みたいな解説をしているアダルト指南サイトさんをチラホラと見かけます。

 

「サイト上で月額見放題サービス終了の告知はあったけど、何の案内もなく突然サイト閉鎖するのはけしからん!」的なコメントなども何気に見かける訳ですが、そんなニュアンスの解説をしているアダルト指南サイトさんを金輪際信用してはいけません。

 

なぜなら、そんなアダルト指南サイトの管理人さんは、一度もPikkur (ぴっかー)を利用したことがないナンチャッテインチキ野郎だからです。w

 

過去に一度でもPikkur (ぴっかー)の月額見放題サービスやPPV(単品)を利用したことがあるユーザーには、実際には以下のような案内がしっかり届いてるんですよ!w

 

Pikkur (ぴっかー)閉鎖案内

 

まずは、2016年8月中旬にサイト上で月額見放題サービス終了の告知が成されたあと、至って簡素ではあるものの上記のような閉鎖案内のメールが送付(2016年9月21日付け)されています。

 

見ての通り、2016年9月26日で閉鎖する旨の内容となっていますが、実際には翌10月末までサイトは存在していたので、充分な猶予期間を経て閉鎖したということになります。

 

従って「実質上の閉鎖」でもなければ「何の案内もなく突然閉鎖」した訳でもありません。しっかりとした閉鎖です!w

 

そんなことも知らずに、いけシャーシャーと小生意気な案内をして、墓穴を掘っているアダルト指南サイトさんがネット上には多数存在しています。w

 

Pikkur (ぴっかー)の閉鎖理由

Pikkur (ぴっかー)は、いったいなぜ閉鎖してしまったのか!?

 

今でしょ!(ここはお決まりのパターンということでw)

 

まぁ、はっきり言えば、人気がなかったからでしょうね~。w

 

でも、なぜ人気がなかったのか!?

 

今でしょ!(連発!w)

 

それは、真っ当で地味な運営をしていたからに他なりません。

 

だいたいからして、かのXVN系の旧作やらSTAGE2MEDIA(神風 後継)の旧作あたりがメインコンテンツってこと自体、今更感満載だったんですよね~。w

 

せめてCZ(Climax Zipang)や素姦(Shirokan)といったサイトオリジナル作品のプロモーションをもう少し頑張っておけば、ちょっとは状況が変わっていたのかもしれませんけどね。

 

はっきり言えば、内容云々は別にして、旧作系は残念ながら賞味期限切れ、期待のオリジナル作品は、話題になりかけたところで早々と新作のリリースが途切れ、鳴かず飛ばずという感じで、今考えれば初期の段階からかなり苦しい運営だったような気がします。

 

月額見放題サービスの料金の変遷をみても人気がなかったことがうかがえますよね。

 

月額見放題サービスの開始時点(2013年1月?)では、月額$39.99だった料金が、何気に$29.99(2013年12月~)になり、そして、最終的には業界最安級の$24.99(2014年12月~)へと段階的に値下げをし、逆に利用条件はどんどん緩和していったというのに、残念ながら良い結果には繋がらなかったようです。

 

致命的ともいえる状況だったのは、2015年12月4日にリリースしたサイトオリジナルの「ヤリすぎ生中出し怒濤の十番勝負 上原亜衣(Climax Zipang)」が、こともあろうにあまり話題にならなかったことです。

 

ヤリすぎ生中出し怒濤の十番勝負 上原亜衣

 

みんなが完全に忘れかけるほど久々(約2年半ぶり)のオリジナル作品をなぜかひっそりとリリースしたため、上原亜衣ちゃんの無修正の新作だというのに、その時点で気付いたひとが思いの外少なかったように感じます。

 

ましてや2016年3月23日に超ひっそりとリリースされた「ヤリすぎごっくん生10連発 上原亜衣(Climax Zipang)」なんて、ほとんどダウンロードすらされなかったのではないでしょうか!?

 

ヤリすぎごっくん生10連発 上原亜衣

 

なんたって、天下の上原亜衣ちゃんの無修正の新作ですからね~!Pikkur (ぴっかー)にとっては、超~久々の超~目玉級作品がそんな状況では、もうその時点でほぼ終了してるんですよね。

 

その後、2016年3月31日以降は、昔のよしみか何かで、SkyHightの旧作が続々と投入され始め、新規更新はSkyHightの旧作一色になっていった訳ですが、言うまでもなくインパクトの欠片もなく、もう、焼け石に水だった訳です。

 

そして、2016年8月中旬に月額見放題サービスの新規会員募集を終了し、しばしPPV(単品販売)専門サイトとして運営を継続して、2016年10月末日をもってサイト閉鎖と相成った訳です。

 

今思えば、内容的には決して悪くはないのに、ひっそりと地味にオープンし、地味な運営を行い、地味に閉鎖していった、まさにイマイチ日の目を見なかった地味なサイトという感じがします。

 

まぁ、地味と言えばまだ聞こえはいいのですが、言い換えればサイト運営スタッフのヤル気がイマイチ感じられないサイトだったんですよね~。w

 

積極的にサイトをアピールする訳でもなく、ユーザー対応にもあまり気を遣っていなかった印象が多分にあります。w

 

なにせ、2016年7月辺りには、ユーザーアカウントページのSSLが期限切れのまましばらく放置されてましたからね~。w

 

問い合わせをしたって、回答が返ってくることはほとんどありませんでした。

 

配信コンテンツの版権についてのみ、至って真っ当なサイトだった訳ですが、ユーザーを適当にスルーして、結局はユーザーからスルーされちゃったって感じですよね~。w

 

Pikkur (ぴっかー)オリジナル作品の行方

Pikkur (ぴっかー)が配信していたXVN系の旧作等々をどうしても見たい!どうしても入手したい!などというひとは今更ほぼほぼいないでしょうが、オリジナル作品については、ひょっとするとまだ需要があるのかもしれません。

 

なので、Pikkur (ぴっかー)の正規オリジナル作品が入手できるサイトを以下の通りまとめておきますので、気になるひとは参考にして下さい。

 

レーベル
正規配信サイト
Climax Zipangカリビアンコムプレミアム(PPV)|Hey動画(PPV)
素 姦カリビアンコムプレミアム(PPV)|Hey動画(PPV)|東京熱(月額)

 

カリビアンコムプレミアムでは、以前よりClimax Zipangレーベル作品として、素姦作品も含めてPikkur (ぴっかー)オリジナル作品の正規PPV(単品)販売しており、Hey動画も素姦作品のみ以前から正規PPV(単品)販売しています。

 

Hey動画のClimax Zipang作品(PPV)と、東京熱の素姦作品(月額)については、Pikkur (ぴっかー)が完全に閉鎖して以降(2016年11月以降)正規配信が始まっています。

 

また、この他にもチラホラとPikkur (ぴっかー)のオリジナル作品を見かけることがありますが、基本的には上記以外は単なるインチキパクリサイトと考えて間違いありません。

 

カテゴリー別上位ランク無修正動画サイトリスト

優良無修正動画サイト入会体験実演動画シリーズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 曽ヶ端
    • 2016年 12月 20日

    実際、kokeshiの旧作が安価で見られるのは良かったと思うですけどね

      • Mちん@管理人
      • 2016年 12月 20日

      曽ヶ端さん

      ども!管理人です!

      他でも、kokeshiを見られるところは多々あるんですが、Pikkurは色んな意味で整理整頓されていたので、一番分かりやすかったんですよね!

運営者ご挨拶

運営者挨拶

運営者ご挨拶(大動塾について)

みなさん、おはようございます! 大人動画塾(略して大動塾)塾長のMちんです! AV業…

塾長Mちんへの問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお気軽に!

大動塾メインメニュー

割引キャンペーン

お得キャンペーン情報

ページ上部へ戻る