SHEMALE JAPAN HARDCORE 入会方法

MENU
【お知らせ】公式サイトの名称が以下の通り変更となりました!(2018年5月上旬〜)

  • SHEMALE JAPAN ⇒ TGIRL JAPAN
  • SHEMALE JAPAN HARDCORE ⇒ TGIRL JAPAN HARDCORE

※いずれのサイトも、これまでの “ SHEMALE ” の部分が “ TGIRL ” へと変更になっています。

SHEMALE JAPAN 入会実演動画(New Ver.)

 

 

これは、管理人が実際にSHEMALE JAPANに入会しているところを撮影した入会手続きの実演動画です。

 

SHEMALE JAPANは、2016年1月に大規模なリニューアルを行い、現状はマルチデバイス(PC / スマートフォン / タブレット)対応サイトになっているので、PC以外のデバイスからでも最適な環境で入会することが可能となっています。(今回は撮影の都合で従来通りPCから入会手続きを行っています)

 

もちろん、PC以外のデバイスから入会する場合でも、表示画面は若干異なりますが、その内容や手順は同一です。

 

また、派生姉妹サイトであるSHEMALE JAPAN HARDCOREについても、同じく2016年1月に大規模なリニューアルを行っており、サイトデザインやシステムをはじめ、入会方法(手続き)についても全く同一のものとなっています。

 

 

シーメールジャパン公式サイト  シーメールジャパンハードコア公式サイト

 

SHEMALE JAPAN 及び SHEMALE JAPAN HARDCOREに日本国内から入会する場合、決済代行会社は、基本的にはVendo Services社となります。Vendo Services社については、日本語環境での決済手続きが可能となっています。

 

SHEMALE JAPAN 及び 同HARDCOREの入会に関する疑問点(注意点)

 

SHEMALE JAPAN 及び SHEMALE JAPAN HARDCOREの入会方法(手続き)の手順については、冒頭の動画を見てもらえれば簡単に分かると思うのですが、動画を見ていざ実際に入会手続きを進めてみると、いくつかの疑問が出てくるかもしれません。

 

おそらく、その疑問は、入会しようと思って「JOIN」や「JOIN US TODAY!」「JOIN NOW!」などをクリックして最初に表示されるページ(入会スタートページ)にあるはずなんです。

 

アカウントの作成について

アカウントの作成

 

上記の画像は、SHEMALE JAPAN HARDCOREの入会スタートページです。

 

上記の他、デザイン違いの入会スタートページがいくつか存在するのですが、どれも必要入力項目は同一です。

 

もちろん、SHEMALE JAPANについても全く同じ内容になっています。

 

まずは、赤枠で囲った部分でアカウントを作成する訳ですが、「Eメール」は問題ないとして、「ユーザー名」と「パスワード」には何を記入すればいいのか、具体的な説明が全くありません。

 

なので、特に不慣れなひとは、何を入力すればいいのか迷ってしまう訳です。

 

正解は、「ユーザー名」&「パスワード」共に任意の半角英数字(文字列)を入力する必要があります。

 

もっと詳しく言えば、常識的にはいずれも6文字〜10文字程度の半角英数字で、アルファベット(小文字)と数字を混ぜた文字列が無難です。

 

例をあげれば、「abc123de」とか「ab1cd2ef3」とかですね。

 

もちろんここで入力した「ユーザー名」と「パスワード」は、サイトにログインする際に必要になりますので、どこかにしっかりと控えておきましょう。

 

料金について

料金

上記の画像は、同じくSHEMALE JAPAN HARDCOREの入会スタートページです。

 

内容的には、SHEMALE JAPANも同一です。

 

以前は、SHEMALE JAPANよりSHEMALE JAPAN HARDCOREの方が若干安かったのですが、ここ最近は同一料金となっているようです。

 

そして、SHEMALE JAPAN & SHEMALE JAPAN HARDCORE 両サイト共に、実は3つのランクの料金設定が存在しています。

 

メンバーシップ ランク1 ランク2 ランク3

30日会員

4,800円〜5,200円程度

3,800円〜4,200円程度

2,700円〜2,900円程度

90日会員

9,600円〜10,400円程度

7,600円〜8,400円程度

5,500円〜5,800円程度

 

以前は、最も安価なランク3の料金で入会する裏ワザがあったのですが、現状、その裏ワザは使えなくなっています。(以前の裏ワザを知りたいひとはこちらのページを参照下さい)

 

初めて公式サイトにアクセスし、「JOIN」や「JOIN US TODAY!」「JOIN NOW!」などをクリックして入会スタートページに移行すると、基本的にはランク1の料金が表示されるはずです。

 

そこから、ランク2及びランク3の料金を表示させるためにはどうすればいいのかということで、いろいろと試してみたのですが、明確な法則を見出すことができませんでした。

 

ただ、ひとつ言えることは、ランク2及びランク3の料金を表示させるためには、何度か公式サイトを訪問し、その都度「JOIN」や「JOIN US TODAY!」「JOIN NOW!」などをクリックして、入会スタートページに移行(料金を確認)してみる必要があるということです。

 

例えば、当サイトからのリンクをたどって(以降毎回同じルートをたどって)公式サイトにアクセスし、何度か続けて同じように料金確認をすることによって、ランク2及びランク3の料金が表示される可能性があるかもしれないということです。

 

但し、もちろん表示されない可能性もありますので、その時はあきらめてランク1の料金で入会するしかありません。

 

当ページ冒頭の動画では、2,800円(30日会員)で入会しており、意外にすんなりランク3の料金が表示されたのですが、これは何度か決済代行会社のVendo社を利用したことがあるからではないかと考えています。

 

入会スタートページは、Vendoの管理ページであり、IP単位で過去の入会履歴などを見ているような気がしないでもありません。

 

なので、一度もVendoを利用したことがない場合(Groobyグループサイトを利用したことがない場合)は、ランク1の料金しか表示されない可能性もあります。(せいぜいランク2までとか)

 

また、仮に、ランク2もしくはランク3の料金が表示されたとしても、その場で入会せずに時間をおいてしまうと、ランク1の料金に戻ってしまうこともありますので注意して下さい。

 

 

シーメールジャパン公式サイト  シーメールジャパンハードコア公式サイト

 

ランク1の料金で入会したとしても、継続利用するつもりがあるのであれば、次月より料金を安くする方法がありますので、こちらのページを参照してみて下さい。

実際に入会手続きを進めるにあたって、疑問が出るであろうポイントは以上の通りなんですが、この他、注意点として海外サイト特有の同時入会オファーについて知っておく必要があります。入会確認ページで、チェックを外さないと何気にグループサイトにも入会してしまうというシステムです。これに関しては、ページ冒頭の実演動画を参照下さい。