SHEMALE JAPAN HARDCORE 安全性

MENU
【お知らせ】公式サイトの名称が以下の通り変更となりました!(2018年5月上旬〜)

  • SHEMALE JAPAN ⇒ TGIRL JAPAN
  • SHEMALE JAPAN HARDCORE ⇒ TGIRL JAPAN HARDCORE

※いずれのサイトも、これまでの “ SHEMALE ” の部分が “ TGIRL ” へと変更になっています。

SHEMALE JAPAN 及び 同HARDCOREの安全性についての検証

 

運営元の安全性について

GROOBYロゴマーク
SHEMALE JAPAN 及び SHEMALE JAPAN HARDCOREの運営元は、米国CA(Los Angeles)に本拠を置くGrooby Productions(グル―ビー・プロダクション)という会社です。

 

Grooby Productions(グル―ビー・プロダクション)は、本場米国においては、世界最大級のトランスセクシャル専門AVメーカーとして確固たる地位を確立しており、AV業界のアカデミー賞とも言われるAVN Awardsや権威あるXBIZなどで、様々な賞を受賞しているメジャーAVメーカーのひとつとなっています。

 

ちなみに、Grooby Productions(グル―ビー・プロダクション)が運営するWEBサイトは以下の通りで、その関連サイトは毎年のように拡大している状況にあります。

 

GROOBYグループサイト

 

Grooby Productions(グル―ビー・プロダクション)は、1996年オープンのSHEMALE Yumを皮切りに徐々に拡大を続け、2008年10月1日にSHEMALE JAPAN、2012年6月1日にはSHEMALE JAPAN HARDCOREをオープンし、今もなお拡大を続けています。

 

このような運営履歴や実績、そしてグループ規模などを考えれば、もうあえて言うまでもないのですが、不安要素など見出すことができません。

 

逆に言えば、安全性に問題があるような会社だとするならば、こんな長期に渡って運営などできないだろうし、ここまで拡大することもなかったでしょう。

 

決済代行会社の安全性について

Vendoロゴ

 

日本国内からSHEMALE JAPANをはじめとするGroobyグループサイトを利用する場合、その決済代行会社は、Vendo Services社になっています。

 

Vendo Services社については、日本人にとってはあまり馴染みのない会社なのですが、スペイン(サグラダ・ファミリア聖堂の近所)に本拠を置く、国際的なビリングカンパニーとなっており、Groobyグループをはじめ以下のような有名グループサイトとパートナーシップを結んでいます。

 

Vendoパートナー

 

超優良ビリングカンパニーとして有名なEpoch社やCCBill社に比べれば、決して知名度は高くないものの、業界的にはこれら有名どころに続く位置付けの会社となっているのは間違いないところで、その安全性については、有名どころと何ら変わらないレベルにあると言ってもいいでしょう。

 

SHEMALE JAPAN 及び 同HARDCORE安全性最終確認

 

管理人イメージ

前述の通り、バックボーンに関しては全くと言っていい程不安要素は見当たらない訳ですが、最後にダメ押しの意味を含めてサイト自身(SHEMALE JAPAN & SHEMALE JAPAN HARDCORE)についての安全性を確認しておきましょう。

 

いくら優良なサイトといっても、悪意のあるソフトウェアやおかしなプログラムなどを外部(第三者)からいついかなる時に仕込まれないとも限らない訳です。(現実的にはほぼあり得ませんがw)

 

なので、心配性のひとのために、両サイトのホスティング部分での最新の安全性を確認するツールを用意してみました。

 

天下のGoogle神のセーフブラウジング機能です。w

 

心配なひとは、各公式サイトを訪問する前に、以下の「セーフブラウジング!」ボタンをクリックして、各サイトの最新ホスティング状況を是非確認してみて下さい。

 

SHEMALE JAPAN SHEMALE JAPAN HARDCORE
シーメールジャパン シーメールジャパンハードコア

セーフブラウジング

セーフブラウジング

シーメールジャパン公式サイト

シーメールジャパンハードコア公式サイト

Let’s Enjoy SHEMALE JAPAN & SHEMALE JAPAN HARDCORE!!!